ネコ対策を行って糞尿被害を解決

近年、ネコというのは室内飼いが主流となっていますが、地域によっては外出を自由に行っているネコも少なくありません。


そういった地域では、家にくると餌を与えてしまうという人も少なくありませんが、地域で許容できるネコの数は限られていて、許容数以上に増えてしまったネコは、大きな社会問題となってしまいます。
ネコの被害としては、大切に育てている花壇の花が掘り返されてしまったり、糞尿、車に足跡がついているなどさまざまな問題が起こってきます。

ネコの数が今以上に増えないようにするためには、去勢や避妊手術を行ったり、ネコ対策を行う必要があります。それ以外にも、ネコが庭に来ないようにするためには、その場所に行くのがいやだとネコに思わせることが大切です。

ネコは頭の良い動物で、いやな思いとして残った記憶は忘れません。


そのため、ネコの通路となる場所に鉢を置いたりして通れなくするだけで、ネコ対策には効果的です。

また、トゲトゲを置いたり、割り箸を短く折ったものを突き刺したりすることで、ネコがトイレとして使いにくくすることもできます。

安心できるネコ対策情報を集めました。

そのほかにも、ネコは自分のにおいやほかのネコのにおいに反応してトイレをしますから、糞尿された場所のにおいを消して、ネコがいやがるにおいをまくことで、効果的にネコを退治することができます。



ただ、気をつけないといけないことは、ネコは危険がないと判断したらなれてしまいますから、数日に一度は別のネコ対策を行うなど工夫が必要です。